YELL NIPPON

3.11 それぞれの時 そして明日へ

沿岸応援プロジェクト

言葉では言い尽くせない悲しみはたくさんあるけれど、いくら震災にあっても「海が好きだ」という気持ちは変わらない

山根商店 山根智恵子さん(宮古市)

プロフィール:独創的な海の幸の商品開発、販売を行っている山根商店

人々が語り継いできた津波の怖さ

3月11日14時46分 山根商店さんの宮古市も大きな揺れに襲われた。
「その時は、市内の銀行いて、
あわてて外に飛び出して揺れが治まるのを待っていたの」

体験したことのない大きな揺れ、自分が逃げることよりも従業員を避難させなければと思った。
しかし、電話もつながらない。
混乱の中、慌てて通帳を受け取り、急いで市場の事務所に向かって車を走らせた。

銀行から市場に行く道は停電のために信号は真っ暗、道路工事でふさがれた道は誘導する人もなく、なかなか通れない。
15時10分、どうにかこうにか裏山を通って市場にたどり着くと、もうすでにみんな避難し、誰もいなかった。
「誰もいない静まり返った市場はね、まるで死んだ街 ゴーストタウンのようで不気味で怖かった。」

何も持たず、取るものもとりあえず従業員の無事を確認して逃げた。
会社の近くにある自宅に立ち寄ったが、自宅の周りも、すでにみんな逃げた後だった。
車を自宅の前に置き避難場所である熊野神社に向かった。

そのとき、津波の第一波が来た。
「海の底が見えるほど波が引いて、島ぐらいの高さの波が押し寄せてきて・・・
津波の速さ、威力は本当に恐ろしかった・・・」

震災直後の時間

翌日の海は驚くほど波が静かで、何ごともなかったかのように穏やかだった。
しかし、周りを見渡すと瓦礫の山で「これは何なの?」と悪い夢を見ているようだった。
「震災後、しばらくは、時間が止まったような感覚。
現実を受け入れるまでには、時間がかかったような気がするね。」

両親が44年前に建てた家も津波に飲み込まれた。
山根さんは家族で熊野神社に避難した。

避難生活の中で

日課の散歩の中で見つける癒しがある。
津波を被ったにもかかわらず、4月には桜の花やヤマブキの花が咲き
すずらん、杜若・・・と次々に季節ごとに花開く。
瓦礫の中に水仙の花を見つけた時、きれいだと思った。

「可憐な花でもしっかりと大地に根ざしている。自然って強いなって思って、
本当に癒された気持ちになったの。」

電気のないところで思うのは、人と人との絆。
寒い時は毛布を分け合い、水が出ない状況の中、湧き水を分け合った。

極限状態を味わった時、人の思いやりが身に染みたという。

お年寄りは、若い人たちに何かをやってあげたいもの。
若い人たちは、お年寄りを気遣い自分たちがやろうとする。

「重たいものを持っているときは手を差し出し、甘えたいときには甘える。
そんな阿吽の呼吸を学ばせてもらった。」

地震の後・・・

電気も止まり、街から明かりがなくなったとき、見上げた星空の美しかったこと。
空がきれいだと感じたこと。
お金が無くても心豊かに過ごせたこと。
木々の緑がきれいだと感じることができたこと。

「辛い経験の中で、いろいろ感じることができました。」

海を業(なりわい)として生きる者たちの覚悟

常に、地震が来たら逃げろという意識を持って生活している。
これは、先代からの教え。
海と付き合って生きていく覚悟が昔から言い伝えられている。
「私は、それに従って生きてきました。」

自然を軽んじてはいけない。海に生きるということは自然と共生して生きていくということ。
自然との共生、大事なのはそのための知恵をしっかりもって生きていくこと。
防波堤があるからと安心してはいけない、津波の恐ろしさを身をもって体験したからこそ、この経験を後世に伝えていかなければいけない。
人間、いざという時に何が大事なのか選択する余地はある。

若者へ受け継ぐ精神

日本人は今までも、何度も天災を乗り越えてきた。
逆境から立ち上がる不屈の精神を持っているはず。
若い世代にも受け継いでいって欲しいと願っている。

家

「自宅は、大きな船が突き刺さっても倒れることなく形が残っていたの。
これは、何かしら両親の魂が訴えているのではないかと思ってね。」

もうじきこの家は解体される。
親もまさかこんな風に家が取り壊されるとは思ってもいなかっただろう。
そういえば両親の最後のとき、感謝の気持ちを伝えていなかった。

両親が建てたこの家に感謝のメッセージを。
「思い出のわが家  ありがとう  さいなら」

44年間の感謝とねぎらいの思いを込めて。

掛け軸の言葉

家の床の間に掛け軸があった。
「飄逸(ひょういつ)」と書かれていたが、どういう意味か分からなかった。
震災のあと、調べてみると、
世俗の煩わしさを気にしないでのびのびしていること。

「人のことや世間に惑わされずに生きていきなさい」という意

今の自分にぴったりの言葉だなあと思いました。
言葉で言い尽くせない悲しみはたくさんあるけれど、震災にあっても「海が好きだ」という気持ちは変わらない。

復興活動

「大切な商品を保管していた冷蔵庫はなんとか無事だったんです。
地震前に作った干物を5月下旬、東京の物産展で販売してきました。
次は6月23日~26日岩手銀行主催の物産展にも行ってきますよ!」
前向きな山根さんの言葉に逆に元気づけられてしまう。
山根さん家族は今も避難所生活を続けている。

言葉では言い尽くせない悲しみはたくさんあるけれど、いくら震災にあっても「海が好きだ」という気持ちは変わらない

写真

◆山根商店(代表 山根智恵子さん)

独創的な海の幸の商品開発、販売を行っている山根商店
縄文漬け、海の幸干物セット等を販売しています。
Shopping URL:http://www.magariya.net/makers/yamane/
商品写真