YELL NIPPON

3.11 それぞれの時 そして明日へ

沿岸応援プロジェクト

このサイトの目的について

2011年3月11日、東日本において想像を絶するような災害に見舞われました。

私達が住む岩手県盛岡市でも、停電が続き食料もガソリンも入手困難になり不安な日々が続きました。なにより沿岸に住む家族や親戚、友人、取引先などの安否の確認もできず、涙を流しながらラジオやネットをたよりにみんな情報収集している状況でした。

ITを生業としている私達ができる事はなにか。
最初の1ヶ月は、安否情報をネットで公開したり、ガソリンが入手できた段階で個人宅で避難している方々に物資をとどけたり、岩手県に集まった物資の仕分けにスタッフ交代で参加したり。とにかくスタッフ一同自分たちが、被災された人たちに何ができるのかを本気で考え行動してまいりました。なんだかあっという間のようなそうでないような、なんとも言えない時間が過ぎて行きました。

生産者さんから「なんとか生きてたよ~」「工場も事務所も流されたけど、生きてたよ」「津波におっかけられたけど、なんとか助かったよ」と連絡が入ったときには、スタッフ一同涙を流して喜びました。私たちに連絡下さる事自体に感謝し、そして無事にいてくださった事に感謝しました。

そして今4ヶ月を過ぎ、この段階で私たちができるのは、頑張ろうとしている生産者さんを多くの人に知っていただき、皆さんに協力していただきながら経済活動支援をして行く事ではないかと考えています。

ここで紹介するみなさんはとてもいい物を作り続けてきました。まだ万全ではないけれど少しずつ生産したものをご提供できるようになってくると思います。

ぜひ暖かい目で見守っていただき、商品が提供できるようになったら手に取っていただければ幸いです。すでに、少しずつ販売を始めた生産者さんもいます。ぜひ経済活動支援をしていたきたい。

私たちは、この震災を乗り越え前向きに一歩ずつ歩み始めた皆さんを一人でも多く紹介して行きたいと考えています。

この震災で亡くなられた多くの方々のご冥福をお祈り申し上げます。
一歩踏み出した皆さんに、そして日本に住んでいる皆さんにエールを送りたいと思います。

株式会社ホップス 取締役社長 工藤昌代
スタッフ一同